ロゴ

contents
トップページ

 

設 立 趣 旨

1.趣 旨

日本の子育ては、古くから高齢者から幼児までの世代が同居する家族と地域社会が一体となって行われてきました。親や子も周囲に見守られ、次世代を担う子どもとして育てられてきました。

しかし現在は、少子化・核家族化などによって交流する機会が少なくなり、子育て経験の少ない母親が独りで育児を担い、悩みを抱えながら子育てをしています。

2007 年7月そんな現状を打破し改善していくために「子どもが子どもらしく育ち、親が子育てしやすい環境・社会づくり」へ連携して支えあおうと会員160名の任意団体として発足しました。

冒険遊び場から学ぼう

「遊び」は子どもを育てる。子どもが「やってみたい」と思うことを大切にし、極力禁止事項を設けず「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーに掲げ、五感を十分につかい創意工夫しながら挑戦していく遊び場としてプレーパークてんとう虫の森が誕生しました。島根の自然を生かし、森を大切にしながら異年齢の子どもたちが遊び、親同士の交流の場としても活用されています。

特定非営利活動法人(NPO 法人)を設立するのは、地域の課題に取り組む上で今までの事業をさらに充実、発展させることが重要であることと、行政・公的機関との積極的な連携ができるような事業を考えているからです
私たちは以下の活動を通して、親たちが知りあい・つながりあい・ささえあう地域づくり、高齢者や障害者にもやさしい社会づくりの一助になるよう事業を展開していきたいと思います。

  • 森林とふれあう自然体験活動
  • プレーパーク(遊び場づくり)
  • 子育て、子育ちを通したまちづくりへの参画
  • 子どもの居場所づくり
  • 文化伝承とスポーツを通した青少年健全育成
  • 子育て情報発信

    設立趣旨書 (2009-03-18・55KB)

 


てんとうとは「天道」=天体運行の道。その中心に太陽があり、
太陽を「おてんとさま」という。

てんとう虫は、まん丸で上へ上へと登っていく習性があり、太陽にたとえて、てんとう虫といわれるようになった。
英語では「マリア様の虫」ドイツ語・フランス語でも同様な名前がついています。

私たちは、子どもたちがてんとう虫のように自ら上へ上へとはい上がっていき頂点で空へ飛び立っていってほしいと思っています。

 

団 体 名 特定非営利活動法人プレーパークてんとう虫
所 在 地

〒699-0502
島根県出雲市斐川町荘原2395番地2

電 話 番 号

0853-31-8802

FAX番号 0853-72-1271
代 表 者

原 成実

設立年月日 2009年7月22日
活 動 内 容

1.プレーパーク
2.親子ふれあい活動
3.自然体験活動

   

 

てんとう虫の森(拠点)の所在地
島根県出雲市斐川町神庭863

 
大きな地図で見る

 

特定非営利活動法人プレーパークてんとう虫
島根県出雲市斐川町荘原2395-2
TEL.0853-31-8802
FAX.0853-72-1271

プレーパークてんとう虫 特定非営利活動法人 [http://tentoumushi-shimane.com/]
お問い合わせ:info@tentoumushi-shimane.com